2012年09月30日

中古スマホと、激安SIMで、格安スマホ生活のススメ

※2012年9月30日午前1時56分初版


やり方が分からない、とゆ声を聞いて、ちょとメモ代わりに記事にしてみました( ´ ▽ ` )ノ足りないとこは、後から随時修正してく可能性も(;´∀`)


■必要なもの
中古スマホ、安いMVNOのSIM


いじょ( ´ ▽ ` )ノ


……え、これだけじゃダメ?(;´∀`)じゃあもっと細かくいきましょ〜(・∀・∩


■中古スマホ

くわし〜人だと、SIMロックフリーがど〜たらとかゆ話になりますが、よく分かんない人は、ドコモのAndroid端末を選びましょ〜(*'-')b(あ、HT-03Aだけは例外的に使えないので避けましょ〜)

端末選びの一例として、たとえばまず予算にあわせて、候補の端末を探してみましょ〜、そ〜ですねぇ、Amazonや楽天あたりで、探してみましょか

Amazonや楽天のサイトにアクセスしたら、検索窓に、呪文を入力します

『ドコモ スマートフォン 白ロム』

これで検索すると、ドコモの中古スマートフォンが、ゴロゴロ出てきます(^-^)/

まず目につくのが値段だと思いますが、はっきりいって中古の場合、値段と性能は相応ですねぇ、安物買いは相応に使いにくいとゆのは覚悟しときましょ〜(´・ω・`)

例えば今だと、SO-03C、L-04C、SO-01B、P-01D、P-07Cあたりは、かなり安い物件が多いですが、個人的には、タダでもらっても、使い道がないですねぇ(´・ω・`) ※個人の感想です

今ざっと眺めたかぎり、ぎりぎりガマンできる機種で15000円前後、まともな端末は2〜3万円くらいは、必要な気がしますねぇ ※あくまで個人の感想です

次に機能ですねぇ、メール(Gmail)とTwitter程度でい〜のか、赤外線とかの機能もあったほ〜がい〜のか、目をつけた端末の名前をぐぐって、いろいろ検討してみましょ〜(・o・)ゞ

あ、SIMはふつ〜の大きさのものの他に、一回り小さいマイクロSIMとゆものもあって、端末によって対応するサイズが違います、下記のSIMもそれぞれふつ〜のSIMとマイクロSIMが売られてたり、マイクロSIMが売られてなかったりするなどしてるので、あらかじめ、選んだ端末がどっちかを調べて、組み合わせを間違えないよ〜にしましょ〜:;(∩´﹏`∩);:


■安いMVNO SIM、いわゆる激安SIM

おおむね、データ通信速度を制限することで、料金を下げてる(契約の)SIMですねぇ

正確には、ドコモやら何やらの自社で設備をととのえてサービスしてる通信事業者(MNO)から、回線だけ借りて通信サービスを提供してる会社(MVNO)の、契約者情報が書き込まれたカード(SIM)ですねぇ

これを契約して入手して、ドコモのスマホ(くどいですがHT-03Aは使えないので却下)に差して使うわけですが、音声通話ができるものと、データ専用のものがあります、料金はやっぱり音声可のほ〜が高くなりますねぇ

データ通信専用SIMでも、契約速度がある程度たかければ、IP電話サービスを使うと、わりとふつ〜に通話は可能なので、検討する価値はあるかもですねぇ、なにせIPサービスは、通話料金もやっすいですからヽ(*´∀`)ノ

ここで注意しないとけないのは、MVNO SIMが安いのは、
あくまで『通信速度を遅くしたトレードオフ』だとゆことですねぇ

例えば、うちでいま契約してSC-04Dで使ってる、DTI ServersMan SIM 3G 100は月額490円ですが、速度は最高100Kbps、実効で80Kbpsを超える程度ですねぇ

この場合、メールやTwitter程度なら余裕ですが、FacebookやInstagramに画像をアップロードしよ〜とすると、たいていタイムアウト連発で使い物になりませんし、IP電話のFUSION IP-Phone SMARTも一緒に設定してますが、とてもじゃないですがまともに会話できる回線品質にはなりません、そゆリスクも一緒に考えるべきとゆことですねぇ

また、SIMは端末に差したらすぐ通信できるわけじゃなく、契約した会社から指示されるAPN情報を自分で、端末に設定する必要があります、初心者さんには意外と高い壁みたいですねぇ(;´∀`)わかんない人は、まわりの詳しい人をとっつかまえて設定方法を聞きましょ〜( ゚Д゚) ※酷い


では、私が興味があるMVNOの契約プランを独断でいくつか、挙げてみます( ´ ▽ ` )ノ

CLUB Panasonic My MALL「LTE Service」
LTE エントリープランが魅力的ですねぇ、ただし契約期間しばりがありますが(;´∀`)
PairGB SIM(ペアギガバイトSIM)
1契約2SIMで2GBなので、二つの端末で分け合って使えますねぇ
スマホ電話SIM
音声通話もできるタイプですねぇ
BB.exciteモバイルLTE
少額低速で、必要に応じて有料で100MBごとに増速できるプランと、最初から1GBまで速度無制限でSIMが3枚使えるプランが( ´ ▽ ` )ノ
DTI ServersMan SIM 3G 100
月額で一番やっすいのは、これですねぇヽ(*´∀`)ノこれも追加料金で、適宜100MBごと増速できますねぇ


他にもいろんなMVNOや契約プランがあるので、詳しくはその手のサイトとかを、ご覧下さい( ̄▽ ̄;)エヘ

あ、クレジットカード必須のとこも多いので、諸般の事情でクレジットカードを持てない人は、請求が即座に引き落とされるかわりに審査がないVISAデビットカードとかを持つのもい〜かも(;´∀`)


あと、ある程度の速さのSIMなら、音声通話はIP電話に任せてしまえますねぇ、ケータイとしちゃあり得ない安さの通話料も魅力です( ´ ▽ ` )ノ同じIP電話サービス同士なら、通話無料とかが多いのも、魅力ですねぇヽ(*´∀`)ノ

うちで使ってるのは、主にこの二つですねぇ

FUSION IP-Phone SMART
月額料金が無料なので、気軽に入れますねぇ( ´ ▽ ` )ノ
050 plus
月額315円ですが、加入電話あての通話は3分8.4円、格安ヽ(*´∀`)ノ あと留守電機能が標準でついてて、録音されたのはメールで送ってくれるのも便利ですねぇ( ´ ▽ ` )ノ



さて、おおざっぱに説明してきましたが、おわかり頂けましたでしょか、足りないとこは、初心者さん限定記事とゆ前提ですが質問してもらえれば、随時追加しますね( ´ ▽ ` )ノ
posted by 深沢 at 01:55| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。