2010年03月12日

新ウィルコム定額プランGのパケット料金が無料化

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2010/03/12/index_06.html

凄いですね、ウィルコムの最新スマートフォン、HYBRID W-ZERO3(以下ハイブリ)限定ですが、PHSのパケット料金が完全0円になってしまいました

ハイブリは、端末代金が1480円、基本料が1450円なので、月額2930円で、3G回線を使わなければメール代もネット接続代も無料、ウィルコム同士の通話も無料という、衝撃的な端末の出現です

無料になるのは、月末締めの人は3月1日から、15日締めの人は15日からとなるようです
(15日締めなら16日からが正解な気がしますが、リリースでは15日からという事なので、それを信じるしかありませんね)

ハイブリはどこでもWi-Fiの様に無線LANスポット化出来るので、どこでもWi-Fiに月額850円足すだけでスマートフォン機能が付く、と考えても、これは結構良さそうです

ただ気になるのは、同時にWILLCOM CORE 3Gの利用縮小が行われている事です

うがった見方をすれば、親会社となる事になったソフトバンクとしては、ウィルコムがNTTに支払っている地上網利用料をそっくりそのままソフトバンクグループにつけかえさせるだけで、年間一千億円近いあがりを手にする様ですが更にCORE 3Gをそっくり自社網ないしレンタル先のイー・モバイルにつけかえれば、これまたあがり(と生命線の純増数)の上乗せが期待出来ます

もしソフトバンクがこれを狙っているなら、CORE 3Gが利用するドコモ網の回線品質はソフトバンク回線やイー・モバイルより桁違いに高いので、ユーザーとしては、あまり好ましくない状態になってしまうかも知れませんね
posted by 深沢 at 21:14| 福岡 ☁| Comment(0) | モバイル的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。